リフォーム実例集

Vol.05 徳島県那賀郡I様邸

  • キッチン
  • 玄関
  • エクステリア
  • 部屋を増やす・広げる
  • 家まるごと
  • 性能向上
  • エネルギーを賢く使う

3世代同居の家族にやさしい快適エコハウス。

17年ほど前に建てられたという奥様の実家での同居をきっかけに、おばあちゃん、お母さん、そして子どもたちのためにと実家をリフォームされた徳島県那賀郡のI様宅。
将来に備えての離れの増築やエコを考えての太陽光発電システムの導入、使いやすいキッチンまわり、広がりを感じさせる光溢れる空間づくりなど、家族みんなが住みやすい家づくりはもちろんのこと、熱帯魚の水槽や書斎の設置など、こだわりポイントもしっかりとおさえられています。
家族みんなが末長く楽しく暮らしていけそうな“思いやり”リフォームも随所に散りばめられた必見のリフォーム事例です。

施主様の声 家族全員、それぞれのこだわりが叶えられました。
  • キッチン
  • 家まるごと
  • エネルギーを賢く使う
  • 二世帯

3世代同居をきっかけに実家をリフォーム。

  • Q

    今回のリフォームを検討されたきっかけはなんですか?

    A

    ご主人様

    妻の実家に戻って妻の母と同居することになったのがきっかけですね。
    ちょっと離れたところに祖父母の家がありますが、祖父が亡くなり、男手がなくなったこともありまして。私たちも、ちょうど二人目の子どもが生まれてもっと広いところをと考えていたタイミングでもありました。
    それまでは淡路島に住んでいたのですが、2階建ての借家で2階部分が居住スペース。
    玄関が1階、部屋が2階なので小さい子どもがいると階段を気にしないといけませんし、泣き声とかも心配でした。近所に迷惑をかけないようにいつも気をつけていました。

    お施主I様ご夫婦と二人のお子様、奥様のお母様の、現在5人家族。

  • Q

    引越しにあたって、どんな要望がありましたか?

    A

    ご主人様

    もともと妻の住んでいた実家で僕は住んでいないので、何を変えてほしいというのはなかったのですが、妻は以前に住んでいて不便に感じていたところもあったようです。

    奥様

    ちょうど「住宅エコポイント」や「住宅用太陽光発電導入支援補助金」が出るので、太陽光も付けたかったし、いいタイミングだと思いました。要望的には、以前住んでいた時、キッチンまわりはちょっとシンクが高かったのと、母も私も二人とも小さくて上の棚に手が届かなかったので、あまり使えていませんでした。
    キッチンを使いやすくしたいなとは思っていましたね。それから、おばあちゃんの介護が必要になったときのために、もう1つ部屋を用意しておきたいなというのもありました。

  • Q

    こちらの住まい心地はいかがですか?

    A

    ご主人様

    まさにマイホームという感じですね。以前のようにまわりを気にしなくていいですし。気兼ねなく生活できます。

    お母様

    子どもたちもこの家にきてすごく楽しそう。
    上の子はとくに前は狭いアパートに住んでいましたから、遊ぶところが広くなったので走りまわっていますよ。

    ご主人様

    子供たちも喜んで、なんだか生き生きしている感じですね。

  • Q

    今回、リフォームをアイフルホームにご依頼いただいた理由は?

    A

    奥様

    建築関係の仕事をしている知人に相談したら、アイフルホームを紹介していただいて。
    ほかのリフォーム業者さんも何件かまわってみましたが、アイフルホームの担当者が一番印象がよかったのです。
    対応もよかったですし、一緒に考えてくれたのもとても良かったですね。家を見に来てくれて、こういうところをこうしたいと言うとそれに添ったプランを出してくれたり、こういうこともできますよと提案していただけました。

    お母様

    とくに太陽光に関しては、ほかの業者さんとも比較して言ってくれたりね。

    奥様

    そうなんです。さまざまな会社のデータを全部出してくれて、他社の商品とも比較しながら「この家ならこの太陽光が効率いいですよ」とデータをもとにわかりやすく説明してくれました。

  • Q

    アイフルホームを選んだ一番の決め手は?

    A

    奥様

    他のリフォーム業者も、こちらが言ったことに対して「それよりもこっちがいいよ」と自分たちの意見を言ってくれるけれど、アイフルホームは一緒に考えてくれる感じがありました。
    押しつけて来ずに「別にこちらでもいいですよ」「他社と比較してくれていいんです」「お施主様のよい方でやってくれたらいいですから」という感じで、それがとてもよかったです。一番の決め手は、やはり人柄ですね。

一覧へ戻る